『重度障害児者のe-スポーツの世界を覗こう!』8/14

重度障害児者も家庭用ゲーム機をスイッチや視線入力など得意な動作で楽しむことができます。島根大学総合理工学研究科の伊藤史人助教が開発されている視線入力訓練用ゲーム「EyeMoT」には離れた人と一緒に楽しむためのゲームがあります。今回は障害の有無関係なく一緒にゲームを楽しむための手段をご紹介します。さぁ、重度障害児者のe-スポーツの世界を覗いてみましょう!

日時:8月14日 土曜日 13時~15時(質問タイムあり)
講師:引地晶久(できわかクリエイターズ代表&作業療法士)
参加費:2,000円 PayPalペイパルまたは銀行振込で支払い


☆当日は用事がある…研修会の途中聞き逃してしまった…そんな方に研修会後10日間限定で見逃し配信があります!(事前に研修会に申し込まれた方限定です)

※申し込み後に自動返信される確認メールに振込先がありますのでよろしくお願いいたします。
振込確認後、3日前までにzoomのURLを送ります。
分からない点やメールが届かないなどがありましたら、お気軽に下記のメールにご連絡ください。
☆問い合わせメール:dekiwakac@gmail.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。